デザイン?専門学校で何を学ぶの?

デザインの専門学校で学べるコース

専門学校では各分野の基礎知識から応用まで幅広く学ぶことができ、特にクリエイティブな分野に置いては、実践力を身につけられることが魅力です。デザインと一括りにしてもその種類は多く、服飾関係のファッションデザインからゲームデザイン、グラフィックデザインやプロダクトデザインなどさまざまです。各コースによって学べる専門教育は異なりますが、基礎教育であるデッサンなどのスキルは、どの学校も共通してカリキュラムを組まれることが多くなります。また、デザイン系の資格であるカラーコーディネーターやインテリアコーディネーターなどの資格講座を実施している学校もあり、専門分野を学びながら専門分野以外の資格を取得できることも魅力といえます。

デザインスキルとは一体何なのか

デザインやアート系の学問に馴染みがない方は、実際にどんなスキルを学んでいるのかが気になりますよね。デザインのプロセスは、ただカタチを考える作業だけではありません。他社製品や市場の動向を把握する調査プロセス、コンセプトやデザインテーマを考える企画プロセス、コンセプトを具体的なデザインに落とし込むスケッチプロセスやデザインワークプロセスなど、各フェーズにおいて数えきれない程のノウハウが必要になるのです。したがって、スケッチなどの表現力だけではなく、企画力や実際の生産に関するノウハウなど、あらゆるノウハウを学ぶのがデザインの専門学校になります。
このように、デザインという分野は専門学校の中でも非常にクリエイティブな学問です。将来の実践力を学べることもできるので、各種デザイナーを目指す学生に向いています。興味がある方はぜひチャレンジしてみましょう。

アニメの専門学校では、イラストの作成から動画作成を中心にアニメ作成に関わる仕事を教えています。声優など専門性が高い分野を教えるのは、また別の専門学校です。